足が太くなってしまう原因や太くなりやすい人の特徴

足が太くなってしまう原因には、主に3種類のタイプの特徴があります。ひとつは、「スポーツなどによる筋肉のつけ過ぎ」、もうひとつは「浮腫み」、もう一つは「肥満」です。スポーツなどで筋肉を強化しすぎると、足全体ががっちりしてしまいます。たとえば、全国や世界を視野に水泳競技を行っている方の場合、健康的ではあるのですがとてもがっちりしてしまう傾向にあります。筋肉の強化やトレーニングをやめたり減らしたりすることで自然に足も細くなる傾向にあります。もう一つは、浮腫みですが立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を維持するような仕事をしている場合に、足が慢性的に浮腫んで太く見える場合があります。足は心臓より下でしかも心臓からとても遠い場所にあるので、血流が悪くなりがちです。筋肉が発達している人の場合、筋肉が血流を促すポンプの役目をするのですが、女性は筋力が弱い人が多いので血流やリンパの流れが悪くなり足が浮腫む原因になります。1時間に1回でも、軽く体を動かすようにするだけでも浮腫みの改善になります。肥満の場合、最初についた脂肪は柔らかいのですが、硬化してしまうともっとも取りにくいセルライトに変化してしまいます。硬くなった脂肪はなかなか落とすことができず、痩せたとしても足が太くなる原因になります。

足むくみサプリ