アトピーを悪化させてしまう原因

アトピーは、日常生活次第で症状が緩和する事も悪化する事もあります。アトピーが悪化する生活とは、どんな生活なのでしょうか。肌は出来るだけ清潔に保たなければいけません。汚れをそのままにしていたり、汗をかいて放置をしていると症状は悪化するでしょう。

また、痒みがあるからといってかいてはいけません。皮膚が弱まり、どんどん肌荒れが悪化してしまうでしょう。シャンプー、石鹸、化粧品やスキンケアのせいで悪化する場合もあります。出来るだけ低刺激の、無添加素材の物を使うようにしましょう。

他にも食事、寝不足、過労やストレスが原因でアトピーの症状は簡単に悪化してしまうのです。肌も服も清潔に保ち、たっぷりと睡眠を摂るよう心掛けましょう。環境もとても大切です。ハウスダストや花粉、カビ、ダニや動物の毛等にはアレルゲンが潜んでいます。

これらが充満する環境で生活をすると、アトピーの症状はどんどん悪化してしまうでしょう。食べこぼしを放置しない、カーペットよりもフローリングを選ぶ等、アトピーに優しい環境を作り上げることで症状を抑えることができます。

アトピー治療

アトピーの悩みを持つ方の入浴剤選び

肌の乾燥しやすいアトピーの方にとって、入浴は肌の状態を左右する重要なポイントの一つです。
現在さまざまな効果をうたう入浴剤が販売され、そのどれが自分の肌に合うか、肌に良いかが悩みの種だという方もいるのではないでしょうか。
乾燥しやすいアトピーの方は保湿効果に注目しがちですが、注意すべきは水道水に含まれる塩素です。
水道水には消毒剤として使われる塩素が含まれており、これがアトピーを悪化させている原因である場合もあります。
なので、人によっては塩素を除去でアトピーのが大幅に改善がされる事もあります。
劇的に改善はしないまでも、塩素を除去することで掻き毟りの傷がしみるのをやわらげ、お風呂上り後の肌の乾燥もやわらげる効果が有りますので、ぜひとも除塩素に注目してください。
選び方としては、そもそも除塩素、塩素中和を目的としたものがあるのでそれを使うのが最も簡単な方法でしょう。
たいていは他のものと併用できるので、すでにお気に入りの入浴剤がある方も入浴時に両方使うことができます。
反対に注意する入浴剤は、体を温める効果のあるもの。
もちろん温まりたいというのも入浴目的の一つではありますが、体が温まると痒みを引き起こしますので、温めすぎには気をつけてください。

アトピー原因