足が太くなってしまう原因や太くなりやすい人の特徴

足が太くなってしまう原因には、主に3種類のタイプの特徴があります。ひとつは、「スポーツなどによる筋肉のつけ過ぎ」、もうひとつは「浮腫み」、もう一つは「肥満」です。スポーツなどで筋肉を強化しすぎると、足全体ががっちりしてしまいます。たとえば、全国や世界を視野に水泳競技を行っている方の場合、健康的ではあるのですがとてもがっちりしてしまう傾向にあります。筋肉の強化やトレーニングをやめたり減らしたりすることで自然に足も細くなる傾向にあります。もう一つは、浮腫みですが立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を維持するような仕事をしている場合に、足が慢性的に浮腫んで太く見える場合があります。足は心臓より下でしかも心臓からとても遠い場所にあるので、血流が悪くなりがちです。筋肉が発達している人の場合、筋肉が血流を促すポンプの役目をするのですが、女性は筋力が弱い人が多いので血流やリンパの流れが悪くなり足が浮腫む原因になります。1時間に1回でも、軽く体を動かすようにするだけでも浮腫みの改善になります。肥満の場合、最初についた脂肪は柔らかいのですが、硬化してしまうともっとも取りにくいセルライトに変化してしまいます。硬くなった脂肪はなかなか落とすことができず、痩せたとしても足が太くなる原因になります。

足むくみサプリ

足の浮腫みの主な原因とは?

一日仕事をしていたら、夕方には足が浮腫んでパンパンになっている原因はどこにあるのでしょうか。
浮腫みの原因は、冷えと筋肉不足、塩分の摂りすぎが考えられます。冷えは血流が悪くなってしまいます。そうすると本来は血液に乗って排出されるはずの水分が皮膚の下にたまってしまうことで浮腫みの原因となります。浮腫んでしまうとさらに筋肉を圧迫してしまうことでさらに血流が悪くなってしまう悪循環を引き起こします。

続きを読む 足の浮腫みの主な原因とは?

むくみの原因は食べ物と生活習慣

起きたときは引き締まっていた脚が寝る前には太くなっていたり、朝起きたら顔がたるんでいたり、午前中は楽に履けた靴が夕方にはきつくなっているなど、むくみの症状は誰でも経験したことがあるはずです。また、ダイエットをしているのに脚が痩せにくかったりお肉がぶよぶよしている感じがするのもむくんでいるのが原因の場合があります。これらの症状を解消したり予防するためにはむくみの原因を知っておく必要があります。

むくみの原因に挙げられるのは食べ物と生活習慣です。人間の体の大部分は水分が占めていますが、塩分を多く摂取すると体内のナトリウムの割合が増えて、濃度上昇を抑えるために体が水分を溜めこんでしまいます。これが一日の間に重力で足まで下がるので夕方になるとふくらはぎが太くなるなどの現象が起こります。アルコールも同様で、血中アルコール濃度を下げるために血管内の水分が増えるため、飲み会の次の朝は顔がむくんでしまいます。

ストレスや睡眠不足、強すぎる冷房などで自律神経の働きが弱ると体内のナトリウムとカリウムのバランスが崩れるので水分調節ができなくなり、むくみの症状があらわれます。

むくみを予防するには普段から食事の塩分に注意して、睡眠をしっかり取るなど規則正しい生活を心がけることが大切です。

むくみ解消