パソコン・スマホによる眼精疲労のケア方法について解説します。

パソコン・スマホを使っていて目が疲れてくるのは、夢中になって画面を眺めているとまばたきが少なくなり乾いてくるのが原因です。
疲れ目の段階では睡眠で改善するのに対し、眼精疲労は寝ても翌日症状はあまりよくならないのが特徴で、放っておくと慢性化する恐れもあります。
そんな症状になったときに実践したいケア方法について解説していきます。
まず眼精疲労だと感じたら、すぐにパソコン・スマホの使用をやめて休憩時間を設けることが必要です。


そして目を強く閉じてから大きく見開いたり、顔は動かさず目線だけ上下や左右の方向に向けたりする動作を繰り返します。
長い時間同じ姿勢で画面に見入っていたせいで、目の周辺の血流が悪くなっているため、意識して動かし血行をよくするのです。
ほかには、目の周辺にあるツボをマッサージするのも効果的な方法です。
こめかみをはじめ、目頭と鼻の間、両目の中心の下など目の周りには様々なツボがあるので、それらをやさしく押していきます。
強く押しすぎて眼球に負担をかけないよう注意して、心地よい程度に押すのがポイントです。
また、目の疲れによいとされるサプリを利用するほか、パソコン・スマホの長時間利用は避けることも大切です。

眼精疲労におすすめのアスタブライト