足の浮腫みの主な原因とは?

一日仕事をしていたら、夕方には足が浮腫んでパンパンになっている原因はどこにあるのでしょうか。
浮腫みの原因は、冷えと筋肉不足、塩分の摂りすぎが考えられます。冷えは血流が悪くなってしまいます。そうすると本来は血液に乗って排出されるはずの水分が皮膚の下にたまってしまうことで浮腫みの原因となります。浮腫んでしまうとさらに筋肉を圧迫してしまうことでさらに血流が悪くなってしまう悪循環を引き起こします。

また、ふくらはぎは第二の心臓とも言われ、心臓から送り出された血液を再度心臓に送り返すポンプ役割をしています。しかし筋肉が不足しているとふくらはぎがポンプの役目を果たせなくなってしまうため、血液を心臓に送り返すことが難しくなり、余分な水分が溜まってしまうのです。塩分を摂りすぎると、水分を抱え込むという塩分の働きによって、身体に余分な水分が溜りがちになってしまいます。これらの理由により浮腫みが起こってしまうのです。
解消のためには、仕事中などずっと同じ体勢をとらず、立ち上がったり、椅子に座ったままでもできる動きをすることで筋肉を動かし、血液を心臓に送り返しやすくします。また、食事の際に塩分を控えめにした食事の習慣にすることも有効です

人気のむくみ解消サプリ