紫外線がシミの原因となるメカニズムについて

シミの原因となるのが、紫外線です。
肌細胞は、日差しを浴びると、周辺の細胞を炎症から守る為にメラニン色素を発生させる事になります。
メラニン色素が多く発生すると、肌は日焼けをした状態へと変わっていきます。
ただ、日焼けというのは、秋頃になると、自然に解消されていく事になります。
これは、新陳代謝によってメラニン色素が肌に押し出されていく事になるのですが、新陳代謝が乱れると、メラニン色素が上手く肌の外に排出していく事が出来ない状態となります。


メラニン色素が多く発生した場合にも、メラニン色素が肌に残りやすい状態となります。
メラニン色素が色素沈着になるメカニズムを解説する際、欠かせないのが新陳代謝です。
ですから、色素沈着状態を防ぎたいと考えた場合、日焼け止めを使うだけでなく、肌の新陳代謝を高める事を考えておく事が大切です。
その為に有効な方法の一つが、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使ってケアをする事です。
ビタミンC誘導体は肌の中のコラーゲンを増やし、新陳代謝を高めるだけでなく、肌の中に発生したメラニン色素を薄くしていく働き、そしてメラニン色素の発生を抑える働きもあります。
ですから、化粧水を選ぶ時には、ビタミンC誘導体に注目をしておく事がお勧めです。

ロスミンローヤルの効果