睡眠改善薬とはどのような働きや効果があるのか?

睡眠改善薬は、睡眠薬とは異なりますがどこがちがうのでしょうか。睡眠薬は、医師の処方が必要で病院や調剤薬局でしか処方されないお薬です。一方、睡眠改善薬は、薬局やドラッグストアで入手可能なお薬のことを言います。

睡眠改善薬は、寝つきが悪かったり眠りが浅い場合の一時的な症状を緩和するお薬のことです。

アレルギーや風邪のときに飲む薬は、眠くなる副作用があります。風邪薬やアレルギーの薬の副作用に着目して、睡眠改善薬に応用させています。

服用方法は、慢性的な不眠症には効果を発揮しにくいので、時々眠れない場合に飲む感じです。しっかり眠れない日が続くと、日中に体が疲れてしまったり、仕事でミスをしてしまうという不具合を生じることもありますよね。

何日か、うまく寝付けない日が続いて、今日こそはちゃんと眠りたいと思うときに服用します。副作用は、風邪薬と同様で喉の渇き、便秘、胃部不快感、目のかすみ、めまいが起こる場合もあります。睡眠改善薬には、依存性は無いのですが、徐々に体が慣れてしまいます。

慣れてくると効果が出なくなるので、今日は眠りたいというピンポイントで利用するのが良いでしょう。

眠れない