月経前症候群の症状のひとつ「吐き気」を解消するための方法

PMS(月経前症候群)の症状のひとつ「吐き気」を解消するための方法について解説します。PMSの症状を緩和するためには、サプリメントを利用したり、低用量ピルや漢方、アロマテラピーなどの方法があります。温めることも効果的です蒸しタオルを使って首を温めたり、湯たんぽで足を温めたり、湯船にゆっくり浸かったり、靴下やレッグウォーマーを使って足首を温めたりすることが効果があります。

食事でも対策をすることができます。吐き気があるからといって食べないのはよくありません。空腹になったときにジャンフードを食べたりするのは最悪ですから、内容をよく考えて食事をキチンと摂るようにしましょう。月経前症候群の症状が出たときに限らず、日常的に食事内容をよく考えることが必要です。精製された砂糖は控えたり、脂肪分を控えたりすることは大切です。

緑黄色野菜、玄米、ナッツ類などに多く含まれているマグネシウムを積極的に摂ったり、 カルシウムを摂ったり、ビタミンB6を意識して摂るなどのことが効果的です。吐き気があって食べたくないときには、カルシウムとビタミンDを一緒に取れるミルクなどもオススメです。

普段からジャンクフードやお菓子などを食べて空腹を紛らわすのはやめて、栄養バランスのとれた食事を心掛けましょう。

生理痛 改善