首のこりを改善するために日常で気をつけたい行動

首がこっている、と毎日不快に感じている方は多いのですが、首のこりは、頭痛をはじめイライラや全身のだるさにつながり、症状が続くと不眠や肌のトラブルにもつながる大変な症状です。
そのままにしておくと、頭痛に悩まされたり、精神的な疲労にもつながるので、軽症のうちに改善することが大切です。
首のこりや肩こりは、血行不良で起こり、放置しておくと脳への血液供給が低下し、老廃物も流れにくくなるため、頭痛やめまいを起こしてしまいます。

特に首の周りの4本の血管が、脳への血液を送る大切な役割を果たしているため、この血管の血液の流れを良くすることが肝心です。
首のこりにならないために日常気をつけたい行動は、姿勢の悪さです。
夢中になってパソコンをしたり、本を読んだりしている時に、あごが前に出て猫背になってしまい、あごが出ていると、首の筋肉に負担がかかり、筋肉が硬くなって首のこりを引き起こします。猫背になってあごが出ている姿勢を続けることがあれば、背中をまっすぐにして、姿勢を正すように心がけることが大切です。
背骨にまっすぐ頭蓋骨が乗るイメージを思い描き、たまに首や肩を回すことを意識すると、血行がぐんと良くなるため、徐々に肩こりが改善する効果を感じることができるためおすすめです。

肩こり薬